健康第一とはよく言ったもの

勉強・仕事・趣味・遊び…
なにをするにも土台は大事。

好きな事を続けていくには、やっぱり心も体も健康でなくては難しい。

旦那の実家に行ったときに、額に入れて飾ってあり、
見入ってしまったものがあるのだが、この間、
自分の実家に帰った時に同じものが貼ってあって驚いた。

健康雑誌?みたいなものに付いてきたものを母が切り抜いたようだ。




◎少肉多菜(肉を控えて、野菜を多く摂るべし)

◎少塩多酢(塩分を控えて、酢を多く摂るべし)

◎少糖多果(砂糖を控えて、果物を多く摂るべし)

◎少食多噛(腹八分目にし、よく噛んで食べるべし)

◎少衣多浴(厚着を控えて、日光浴するべし)

◎少車多走(車ばかり乗らず、自分の足で歩くべし)

◎少憂多眠(くよくよせず、たくさん眠るべし)

◎少憤多笑(いらいら怒らず、たくさん笑うべし)

◎少言多行(文句ばかり言わずに、まずは実行するべし)

◎少欲多施(自分の欲望を抑え、周りの人々に尽くすべし)




健康十訓といって、江戸時代の
俳人が書き記したものらしい。

江戸時代から伝わる健康10訓

()内は媒体によって書き方が違うようだが、
だいたい意味はこんな感じ…

自分がこの中でいくつ実践できているか数えてみると…



ほぼ…ゼロに近い。

食事の部分は、日常的に…というより
気が向いた時や体調によっては気をつける
ことがあるが、後半は全滅…

自分が健康のためにしているプラスなこと
といえば…酒・タバコを一切やらないことぐらいか…

こうしてみると、なるほど…と納得できることばかり。

今度、書道を習っている娘に紙に
書いてもらって我が家にも貼ろうかな…と考えている。






このページのトップへ